プロ根性

昨日は6/6日楽器の日であった。
この日は日本のロック界を代表するスーパーベーシスト Ju-kenさんからご紹介された超絶テクニックの峰正典さんに当社のギター用エフェクターGABA-1と試作品の試奏を都内の某スタジオでお願いすることになっていた。
Ju-kenさんはアメリカからの帰国直後と雑誌取材が重なって、こちらには来られないとの事前連絡をうけていたのだが、出社早々に何とかスケジュール調整をして自分も参加するとの電話で当社スタッフに喜びと緊張がはしった。
今日の目的はYou tubeにアップロードする為の録音・録画が主な目的であったが、
小生もふくめて不慣れな作業でもあり手間取る場面も多かったが、Ju-kenさん、峰さん
ともとても細かい気配りをしていただき準備完了
収録開始となったが、峰さんはこのエフェクターについては全くの初見にもかかわらず、(ご本人のご要望でファーストインプレッションを大事にしたいのでとのこと)
鋭い質問と豊富なボキャブラリーで評価してくださった。
峰さん曰く「この音が欲しかったんだよ。これならいつまでも弾いていたいよね!」と我々が恐縮するほどのコメントもいただき無事終了することができた。
この場面はいずれYou tubeにアップロードさせていただくのでごらんください。

この間ギターやベースにかかわる機材についてもプロでなければ出てこないようなお話しも充分に伺うことができたので、今後の製品つくりに反映させたいとおもっている。

最後に当社スタッフから峰さんへの質問
「峰さん、とても素晴らしい演奏をされますが、いつ練習をされるのですか?」
プロですから時間さえあればいつでも・何処でも練習です。それが努めだと思っています。
傍らでニコッと微笑んでいるJu-ken兄貴がいた。
f0238786_11475950.jpg

f0238786_1133284.jpg

  by nakamura_s-t | 2011-06-07 11:35 | ひとりごと | Comments(0)

<< 峰正典さんによるエフェクター試奏♪ NS-DNI01→NS-DDN... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE